≪マスク不足≫ ~阿彦さん~

最近テレビで毎日のように伝えられております、コロナウィルスの予防について。テレビでは感染原因として感染者の咳やくしゃみ、また公共物に触れる事が挙げられていました。公共物とは電車のつり革等の共有物です。予防策としてマスクの着用と手洗いが有効であることからマスクの購入を試みたところ、どこも品切れの状態でした。私の子供が仙台と金沢に住んでおり人口密集地へ行くことが多々ある為、思考の末少しでも予防になると思いマスク代わりとしてうがい薬を送ったところです。自分の身は自分で守る習慣をつけたいところです。

≪4年に一度≫ ~田中さん~

2020年は閏年(うるう年)です。うるう年とは2月29日が存在する年を指し、それは約4年に一度巡ってきます。つまり、通常1年は365日であるのに対し、うるう年は366日になるということですね。しかし、実際には約365.24219日なので、1年で大体0.24219日のズレが生じます。つまり、1年後の同じ日付でも地球の位置には若干のズレがあります。そこで、4年のずれを調整するために「100の倍数になる年の中で400で割り切れない年は平年になる」そうです。面倒くさいルールに思えますが理由や仕組みは意外と興味深いものになっています。

≪コロナウィルスによる影響≫ ~小山さん~

ニュースでは新型コロナウイルス一色となっております。現在、非常に感染が広がっており、感染者数は世界で8万人を超え、死者は2,700人を上回る状況にあります。これまで水際での対策を講じてきていましたが感染の流行を早期に終息させるためには徹底した対策を取る必要があるとしています。政府はこの1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であるとし、大勢が集まるような全国的なスポーツやイベント等は感染リスクが大きいとして、中止、延期又は規模縮小等の対応を発表し、要請しております。また当分の間、海外からの入国も拒否するとしております。東ソーでも不要不急な海外出張の自粛、大きな会議の中止との指針を出し、私たちも参加予定していた会議の出張は中止とされています。今後このまま感染が広がれば世界経済はリーマンショック以上に落ち込む恐れもあり、私たちの生活でも健康面経済面において大きな影響が懸念されます。まずは、うがい・手洗い・ヤクルト(笑)、それに咳エチケットの実施、とにかく人混みに行かないことが一番。被害を最小限に抑えるうえで私たちも一丸となって対応していきましょう。